コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姉川新四郎(初代) あねがわ しんしろう

2件 の用語解説(姉川新四郎(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

姉川新四郎(初代) あねがわ-しんしろう

1685-1750* 江戸時代中期の歌舞伎役者。
貞享(じょうきょう)2年生まれ。若女方から立役(たちやく)に転じ,染川十郎兵衛の門人となる。大坂を中心に活動し,実事(じつごと)を得意とした。当たり役は「男模様二枚雛形(ひながた)」の黒船忠右衛門で,姉川頭巾(ずきん)と評判になった。寛延2年11月25日死去。65歳。大坂出身。初名は豊島勝之助。前名は豊島勝三郎。俳名は女市。屋号は鯉屋。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

姉川新四郎(初代)

没年:寛延2.11.25(1750.1.3)
生年:貞享2(1685)
江戸中期,上方の歌舞伎役者,座本。俳名女市。富沢左馬之介・染川十郎兵衛の門弟。豊島勝之介,勝三郎の名を経て姉川新四郎を名乗り,地方巡業ののち,宝永7(1710)年大坂嵐三右衛門座で大芝居の初舞台を踏み,寛延2(1749)年,立役の極上上吉に準ずる位付けを得た。にがみばしった男振り,たしかな口跡,小柄ながら身振り凜々しく,荒事がかった実事,特に男伊達の芸を本領とした。しかし優美さに欠け,どの役も男伊達風となるのが短所で,所作事不得手であった。当たり役は「黒船」物の侠客忠右衛門,「非人敵討」の次郎右衛門など。名跡は明治期の6代まである。<参考文献>『歌舞伎評判記集成』1,2期

(上野典子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

姉川新四郎(初代)の関連キーワードトーマス教会ゲオルグ教会ザンド朝ウェールズ文学ヒッタイト美術姉川新四郎(初代)バッハ(ヨハン・セバスチャン・バッハ)チャールズ八橋検校定高貿易法

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone