コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅尾工左衛門 あさおくざえもん

世界大百科事典 第2版の解説

あさおくざえもん【浅尾工左衛門】

歌舞伎俳優。屋号は金田屋。(1)初世(1758‐1824∥宝暦8‐文政7) 初名は竹田仁三郎,大坂の竹田子供芝居の出身。朝井工左衛門と称したが,1794年(寛政6)実悪の初世浅尾為十郎(浅尾宗家)の門に入り,浅尾姓となる。師為十郎をまねて,敵役系の脇役を専門とし,実悪の他に,半道(はんどう),親仁(おやじ)方を兼ねた。1803年(享和3)《恋飛脚大和往来》で孫右衛門など七役早替りを演じ,好評を博し,名人上手と呼ばれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

浅尾工左衛門の関連キーワード浅尾 工左衛門(4代目)尾上 多賀之丞(3代目)坂東 三津代(2代目)柴崎林左衛門(3代)浅尾工左衛門(初代)実川額十郎(初代)姉川新四郎(4代)尾上多賀之丞久米 譲

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android