コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅尾工左衛門 あさおくざえもん

世界大百科事典 第2版の解説

あさおくざえもん【浅尾工左衛門】

歌舞伎俳優。屋号は金田屋。(1)初世(1758‐1824∥宝暦8‐文政7) 初名は竹田仁三郎,大坂の竹田子供芝居の出身。朝井工左衛門と称したが,1794年(寛政6)実悪の初世浅尾為十郎(浅尾宗家)の門に入り,浅尾姓となる。師為十郎をまねて,敵役系の脇役を専門とし,実悪の他に,半道(はんどう),親仁(おやじ)方を兼ねた。1803年(享和3)《恋飛脚大和往来》で孫右衛門など七役早替りを演じ,好評を博し,名人上手と呼ばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android