コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姥湯温泉 うばゆおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

姥湯温泉
うばゆおんせん

山形県米沢市南部,吾妻連峰の北側の薬師森 (1538m) 南麓にある温泉。泉質は酸性緑礬泉。泉温は 52℃。湯量は豊富で露天風呂もある。皮膚病特効がある。宿が一軒あるが,冬季は閉鎖される。秋の紅葉や滝,奇岩も多く,磐梯朝日国立公園に属し,東大巓 (1928m) への登山基地でもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

姥湯温泉
うばゆおんせん

山形県南部、米沢(よねざわ)市にある温泉。吾妻(あづま)連峰北東麓(ろく)の深山幽谷にある一軒宿で、天文(てんぶん)年間(1532~1555)の開湯とも伝えられる。硫黄泉。近くに三階滝、潜滝(くぐりだき)などがあり紅葉で知られる。JR奥羽本線峠駅の南方7キロメートル。[中川 重]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

姥湯温泉の関連キーワード中川

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android