コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姫新線 きしんせん

4件 の用語解説(姫新線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

姫新線
きしんせん

山陽本線の姫路から津山を経由して,新見で伯備線に連絡する鉄道。 JR西日本。全長 158.1km。芸備線 (広島-備中神代間) と結んで,中国山地の縦断鉄道を形成する。 1936年全通。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

姫新線【きしんせん】

姫路〜新見間のJR線。営業キロ158.1km。作備線(津山〜新見),姫津線(姫路〜津山)の2線区を合わせ1936年全通,姫新線となった。佐用,津山,勝山などの盆地を連ねて中国山地を横断し,急勾配(こうばい),急曲線が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

姫新線

JR西日本が運行する鉄道路線。兵庫県姫路市の姫路駅から岡山県新見市の新見駅を結ぶ。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

姫新線
きしんせん

兵庫県西部および岡山県北部を走る西日本旅客鉄道の線路名称。姫路(ひめじ)―新見(にいみ)間158.1キロメートルで全線単線、非電化。兵庫、岡山県の中央部を走り、伯備(はくび)線、芸備(げいび)線と結んで中国山地縦貫鉄道を形成し、沿線にたつの、津山、新見などの都市がある。姫路―津山間は姫津(きしん)東線、姫津西線の名称で1930~1936年(昭和5~11)、津山―新見間は作備(さくび)東線、作備西線の名称で1923~1930年(大正12~昭和5)にそれぞれ開通し、1936年両線を統合して姫新線とした。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、西日本旅客鉄道に所属。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

姫新線の関連キーワード釧網本線米坂線白新線和歌山線営業キロ赤穂線越後線木次線北上線播但線

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

姫新線の関連情報