伯備線(読み)はくびせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伯備線
はくびせん

倉敷 (岡山県) と伯耆大山 (鳥取県) とを結ぶ鉄道。 JR西日本。全長 138.4km。 1928年全通山陰地方山陽地方を連絡する路線の1つ。新幹線の開業後は,山陽地方と山陰地方を結ぶ幹線鉄道の1つとみられるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はくび‐せん【伯備線】

岡山県倉敷から新見を経て、鳥取県伯耆大山(ほうきだいせん)に至るJR線。さらに米子に乗り入れる。山陽・山陰地方を結ぶ要路。昭和3年(1928)全通。全長138.4キロ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

伯備線【はくびせん】

岡山県倉敷〜鳥取県伯耆大山(ほうきだいせん)間のJR線。営業キロ138.4km。岡山米子松江を結ぶ山陽・山陰連絡路線の一つで,1928年全通。蒸気機関車が廃止されつつあった1970年代には,新見〜備中神代間の急勾配区間がSL撮影の名所となりSLマニアが殺到した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はくびせん【伯備線】

山陽本線倉敷駅から山陰本線伯耆大山(ほうきだいせん)駅に至る138.4kmのJR西日本線。中国山地を越える山陽・山陰の連絡線として1919年8月伯耆大山~伯耆溝口間の伯備北線が,25年2月倉敷~宍栗(現,豪渓)間の伯備南線が開業し,28年10月全線が開通した。72年3月の新幹線岡山駅開業とともに出雲・益田方面へ同線経由の特急が新設され,82年7月には全線電化が完成,山陽・山陰連絡の主要ルートとなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伯備線
はくびせん

西日本旅客鉄道の線路名称。倉敷(くらしき)(岡山県)―伯耆大山(ほうきだいせん)(鳥取県)間138.4キロメートル。倉敷―備中高梁(びっちゅうたかはし)間34.0キロメートルと、井倉―石蟹(いしが)間4.5キロメートルのみ複線、全線直流電化。中国山地を縦断して山陽・山陰地方を連絡する鉄道の一つ。山陽側は高梁川流域をさかのぼり、分水嶺(れい)の谷田(たにだ)峠の下を貫いて山陰側の日野川流域に通じている。沿線に総社(そうじゃ)、高梁、新見(にいみ)などの都市がある。伯備北線、南線として両端から逐次工事を進め、1919~1928年(大正8~昭和3)開業して、1928年の全通とともに両線をあわせて伯備線とした。山陽新幹線の開業(1972)によって、伯備線は京阪神地域と山陰地方中部(米子(よなご)、松江、出雲(いずも)平野など)を結ぶもっとも所要時間の短いルートを形成し、陰陽連絡線のなかで重要な線となった。このため、列車のスピードとサービスの向上、設備の改良が進められて、1982年(昭和57)電化が完成、複線化も進んだ。大部分の列車は山陽本線、山陰本線に乗り入れて、それぞれ岡山、米子以西に直通する。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、西日本旅客鉄道に所属。清音(きよね)―総社間は、井原鉄道が第2種鉄道事業者として西日本旅客鉄道の施設を借りて運営している。[青木栄一・青木 亮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

はくび‐せん【伯備線】

山陽本線倉敷駅から高梁(たかはし)・新見を経て山陰本線伯耆大山(ほうきだいせん)駅に至るJR線。昭和三年(一九二八)全通。全長一三八・四キロメートル。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伯備線の関連情報