コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姿勢偏差 しせいへんさ orientational deviation

1件 の用語解説(姿勢偏差の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しせいへんさ【姿勢偏差 orientational deviation】

機械加工部品が形をなすためには,その構成要素である線,面そのものの形体の狂い,すなわち形状偏差のほかに,それら形体の相互間の関係を問題とすることも多い。機械加工を行うとき,例えば部品のある平面を基準として加工の方向や姿勢を決めて対象とする面を加工し,測定では,その基準とした平面をもとに対象とする面の方向や姿勢の狂いを求めている。その基準を図面で指示するとき,理論的に正確な幾何学的基準を考える。これをデータムdatumと呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

姿勢偏差の関連キーワード仇をなす重きをなす山をなす機素子中をなす信をなすプレオナスタ岩三造機械部品加工センターシミズ精工戸畑鉄工

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone