(読み)コン

大辞林 第三版の解説

くながい【婚】

男女が交わること。まぐわい。 「天皇、后と大安殿に寝て-したまへる時/霊異記 上訓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くながい くながひ【婚】

〘名〙 くなぐこと。性交。交合。交接。まぐわい。
霊異記(810‐824)上「天皇、后と大安殿に寐て婚合(クナカヒ)し給へる時に、栖軽(すがる)知らずして参ゐ入りき〈興福寺本訓釈 婚合 久奈加比二合〉」

くな・ぐ【婚】

〘自ガ四〙 男女が性交する。交合する。交接する。まぐわう。〔観智院本名義抄(1241)〕

こん【婚】

〘名〙 夫婦の縁組をすること。結婚。
※三体詩素隠抄(1622)一「はや母の心得にて、盧氏と婚(コン)を定めてをかれたぞ」

こん‐・す【婚】

〘自サ変〙 ⇒こんする(婚)

こん‐・する【婚】

〘自サ変〙 こん・す 〘自サ変〙 夫婦の縁を結ぶ。結婚する。
史記抄(1477)七「此時には同姓にして婚する事をば禁ぜぬと見へたぞ」

め‐ま・く【婚】

〘自カ四〙 妻をめとる。〔色葉字類抄(1177‐81)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

婚の関連情報