コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水木洋子(読み)みずき ようこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水木洋子 みずき-ようこ

1910-2003 昭和後期-平成時代の脚本家。
明治43年8月25日生まれ。菊池寛主宰の脚本研究会などをへて昭和23年から八住利雄に師事。「また逢う日まで」を出世作につぎつぎに映画シナリオを発表。代表作に「ひめゆりの塔」「キクとイサム」「浮雲」など。テレビドラマ,戯曲作品もある。平成15年4月8日死去。92歳。東京出身。日本女子大卒。本名は高木富子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水木洋子
みずきようこ
(1913―2003)

シナリオ作家。本名高木富子。東京生まれ。日本女子大学国文科卒業。劇作家を志し、第二次世界大戦後、ラジオドラマ、映画に進出、亀井文夫監督の『女の一生』(1949)が初の脚本、今井正監督の『また逢(あ)う日まで』(1950)が出世作になった。以後も社会のなかの女性の世界を確固としてさわやかに描き、成瀬巳喜男(なるせみきお)監督の『おかあさん』(1952)、『あにいもうと』(1953)、『浮雲』(1955)、今井の『にごりえ』『ひめゆりの塔』(ともに1953)、『純愛物語』(1957)、『キクとイサム』(1959)など女流シナリオ作家の第一人者として評価を高めた。[千葉伸夫]
『水木洋子著『水木洋子シナリオ集』(1978・映人社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水木洋子の関連情報