(読み)ひ

精選版 日本国語大辞典「婢」の解説

ひ【婢】

〘名〙 召使いの女。下働きの女。はしため。下女。下婢。また、女の奴隷。
※正倉院文書‐養老五年(721)下総国葛餝郡大嶋郷戸籍「婢真物売、年弐拾陸歳」 〔世説新語‐徳行

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「婢」の解説

ひ【婢】[漢字項目]

[音]ヒ(漢)
女の召使い。下女。はしため。「婢僕下婢官婢侍婢奴婢どひ・ぬひ僕婢
女性が自分をへりくだっていう語。「婢子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「婢」の解説

婢【ひ】

奴婢(ぬひ)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のの言及

【賤民】より

…これに対し,賤民は不自由民で,私的・公的な権利や利益の享有に制限が加えられていた。〈賤民〉という用語についてはいくつかの理解がありうるが,以下においては,奴婢(ぬひ)や奴隷を含めて,最も広義に解釈することにしたい。 中国における奴婢(奴隷と同義)の起源ははなはだ古く,甲骨文にもみえているが,その発生の状況を明らかにすることはできない。…

【奴婢】より


[日本]
 古代の賤民。男性を奴(やつこ),女性を婢(めやつこ)と称する。律令制以前には奴隷的な賤民を一括して奴婢と称したが,大宝令(戸令)では,私有奴婢は私奴婢と家人(けにん)(家族を成し家業を有し売買されない上級賤民)に,官有奴婢は官奴婢(公奴婢とも)と官戸(かんこ)(家人とほぼ同じ身分)に分化した。…

※「婢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android