コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百科事典マイペディアの解説

婢【ひ】

奴婢(ぬひ)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ひ【婢】

召し使いの女。はしため。下女。
女の奴隷。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【賤民】より

…これに対し,賤民は不自由民で,私的・公的な権利や利益の享有に制限が加えられていた。〈賤民〉という用語についてはいくつかの理解がありうるが,以下においては,奴婢(ぬひ)や奴隷を含めて,最も広義に解釈することにしたい。 中国における奴婢(奴隷と同義)の起源ははなはだ古く,甲骨文にもみえているが,その発生の状況を明らかにすることはできない。…

【奴婢】より


[日本]
 古代の賤民。男性を奴(やつこ),女性を婢(めやつこ)と称する。律令制以前には奴隷的な賤民を一括して奴婢と称したが,大宝令(戸令)では,私有奴婢は私奴婢と家人(けにん)(家族を成し家業を有し売買されない上級賤民)に,官有奴婢は官奴婢(公奴婢とも)と官戸(かんこ)(家人とほぼ同じ身分)に分化した。…

※「婢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

婢の関連キーワード剪灯新話・剪燈新話牡丹灯籠・牡丹燈篭キーセン(妓生)飛び介・飛び助怪談牡丹灯籠端た女・婢女三遊亭円朝浅井了意神学の婢剪灯新話御伽婢子男女の法牡丹灯記ぐどぐど御伽這子魚玄機良賤法ラケル公奴婢狗張子

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android