嫁盗み(読み)よめぬすみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

嫁盗み
よめぬすみ

若者仲間の協力により,妻をその父から盗み取る婚姻形態。多くは,本人同士の合意はあるが,娘の親がその結婚に反対の場合に行われ,まれには娘も親も不承知の場合に,男だけの意図によって行われることもあった。また,娘も親も賛成でありながら,経済的な理由,あるいは他家への義理合い上,表面的な反対をしている場合にも,この方法がとられた。嫁盗みに成功した場合は,娘の親にそのことを告げ,大声で村中にふれるのがならわしであった。ほぼ日本全国にわたってみられ,その呼称もさまざまであった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

嫁盗み【よめぬすみ】

男が女を略取して嫁とする婚姻形式。強制的誘拐(ゆうかい)を伴うのはまれで,女の両親や本人も同意している場合が多い。盗み終えると親に通告し,助勢した若者仲間で祝宴をあげる点で欠落(かけおち)とは異なる。家長の統制力が比較的弱かった関東以西にみられた。略奪婚のなごりとする説もある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の嫁盗みの言及

【駆落】より

…そこで行く先をくらますことがあったが,若者や宿親はこれに協力するのが普通であった。若者たちによっておこなわれたいわゆる〈嫁盗み〉の習俗の中には,婚姻に対して親は反対するが当事者の合意があり,娘は盗まれることを予期している場合が多く,駆落の一種とみなされよう。事後,親の承認が得られるのが普通で再びその社会に復帰することもできた。…

※「嫁盗み」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android