コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嫁盗み よめぬすみ

3件 の用語解説(嫁盗みの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

嫁盗み
よめぬすみ

若者仲間の協力により,妻をその父から盗み取る婚姻形態。多くは,本人同士の合意はあるが,娘の親がその結婚に反対の場合に行われ,まれには娘も親も不承知の場合に,男だけの意図によって行われることもあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よめ‐ぬすみ【嫁盗み】

当人どうしは結婚の意志があるが、娘の親の承諾が得られないなどの場合に、若者仲間が娘を連れ出して結婚を強行させること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

嫁盗み【よめぬすみ】

男が女を略取して嫁とする婚姻形式。強制的誘拐(ゆうかい)を伴うのはまれで,女の両親や本人も同意している場合が多い。盗み終えると親に通告し,助勢した若者仲間で祝宴をあげる点で欠落(かけおち)とは異なる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の嫁盗みの言及

【駆落】より

…そこで行く先をくらますことがあったが,若者や宿親はこれに協力するのが普通であった。若者たちによっておこなわれたいわゆる〈嫁盗み〉の習俗の中には,婚姻に対して親は反対するが当事者の合意があり,娘は盗まれることを予期している場合が多く,駆落の一種とみなされよう。事後,親の承認が得られるのが普通で再びその社会に復帰することもできた。…

※「嫁盗み」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

嫁盗みの関連キーワード集団婚一夫一婦一夫多妻通い婚強制的形式婚入夫婚姻身代金目的略取等罪男が女を愛するとき強制栄養

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone