コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嫁盗み よめぬすみ

3件 の用語解説(嫁盗みの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

嫁盗み
よめぬすみ

若者仲間の協力により,妻をその父から盗み取る婚姻形態。多くは,本人同士の合意はあるが,娘の親がその結婚に反対の場合に行われ,まれには娘も親も不承知の場合に,男だけの意図によって行われることもあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

嫁盗み【よめぬすみ】

男が女を略取して嫁とする婚姻形式。強制的誘拐(ゆうかい)を伴うのはまれで,女の両親や本人も同意している場合が多い。盗み終えると親に通告し,助勢した若者仲間で祝宴をあげる点で欠落(かけおち)とは異なる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の嫁盗みの言及

【駆落】より

…そこで行く先をくらますことがあったが,若者や宿親はこれに協力するのが普通であった。若者たちによっておこなわれたいわゆる〈嫁盗み〉の習俗の中には,婚姻に対して親は反対するが当事者の合意があり,娘は盗まれることを予期している場合が多く,駆落の一種とみなされよう。事後,親の承認が得られるのが普通で再びその社会に復帰することもできた。…

※「嫁盗み」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone