コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

略奪婚 りゃくだつこん marriage by capture

3件 の用語解説(略奪婚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

略奪婚
りゃくだつこん
marriage by capture

戦争その他を媒介として捕えた女性を妻とする婚姻形態。このような風習はインドアラビアヨーロッパスラブの諸民族の口頭伝承古文書,法典その他に記録されているだけでなく,アフリカオーストラリアラテンアメリカの諸民族の間にも,婚姻儀礼としてその模倣行為が伝えられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りゃくだつ‐こん【略奪婚】

結婚の相手としての女性を他部族から略奪してくる結婚形態。原始社会や未開民族で行われた。
俗に、夫または妻のいる人に求婚して成立した結婚のこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

略奪婚
りゃくだつこん

戦争などを通じて敵の集団から捕らえた女性を妻とする結婚。マクレナンは、これを婚姻制度のもっとも初期に普遍的に存在した制度であると考えた。それによると、原始集団は不断の闘争状態にあり、略奪による妻の獲得が習わしであったが、これが集団間の平和の成立後にも制度として残り、集団内での婚姻を禁ずる外婚規制を生むに至ったという。確かに婚姻儀礼の一部として花嫁略奪を演じてみせる例が数多く報告されているが、いずれも象徴的行為にすぎず、マクレナンのいう略奪婚の存在を証明するものとは考えられない。[濱本 満]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

略奪婚の関連キーワード供犠水力継手造形芸術彫刻一夫多妻グラフィックアート無線電信養女無線電話船舶戦争保険

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

略奪婚の関連情報