嫡妻(読み)チャクサイ

デジタル大辞泉の解説

ちゃく‐さい【嫡妻】

正式の妻。本妻正妻嫡室。てきさい。

てき‐さい【嫡妻】

ちゃくさい(嫡妻)

むかい‐め〔むかひ‐〕【嫡妻/正妃】

《「向かい女(め)」の意》正妻。本妻。
「わが女(むすめ)須世理毘売(すせりひめ)を―として」〈・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゃく‐さい【嫡妻】

〘名〙 公的に認められた妻。室。嫡婦。本妻。正妻。正室。てきさい。
※三代格‐一・延暦一七年(798)一〇月一一日「今聞、承前国造兼帯神主、新任之日即棄嫡妻、仍多娶百姓女子号為神宮采女、便娶為妾、莫限極」 〔爾雅〕

てき‐さい【嫡妻】

〘名〙 (「てき」は「嫡」の漢音) 正式の妻。本妻。正室。ちゃくさい。

むかい‐め むかひ‥【嫡妻】

〘名〙 (「向かい女(め)」の意) 正式の妻。本妻。正妻。側女(そばめ)に対していう。
※書紀(720)神武即位前(北野本訓)「媛蹈韛五十鈴媛命を納(めしい)れて、正妃(ムカヒメ)と為(し)たまふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の嫡妻の言及

【庶子】より

…一般には,中国,朝鮮,日本の旧社会において一家の家督を嗣ぐ嫡子に対して,他の傍系一族員を呼ぶ場合の呼称である。また嫡妻(正妻)の子どもに対する庶妻の子どもたちという意味も存在する。しかし庶子の語は歴史上,異なった意味をもって使用されてきたことに注意しなければならない。…

※「嫡妻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android