コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子どもの鼻出血(鼻血) こどものびしゅっけつはなじ Epistaxis

翻訳|Epistaxis

1件 の用語解説(子どもの鼻出血(鼻血)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

こどものびしゅっけつはなじ【子どもの鼻出血(鼻血) Epistaxis】

[原因]
 鼻の入り口の粘膜(ねんまく)には毛細血管(もうさいけっかん)が多いので、この部分に炎症がおこるとよく出血します。
 かぜをひいて鼻水が多いときや、アレルギー性鼻炎(せいびえん)でかゆみがあって鼻をよくさわるときのほか、のぼせただけでも出血することがあります。
 そして、いったん出血が止まっても、傷口にできているかさぶたがはがれると、また出血することがあります。
 そのほか、アスピリンなどの解熱薬を服用すると、血液がかたまりにくくなって出血しますし、血液の病気(血友病(けつゆうびょう)、白血病(はっけつびょう)など)でも鼻出血がおこります。
 鼻出血の多くはそれほど心配のないものですが、たびたび出血する場合は、耳鼻咽喉科(じびいんこうか)で診察を受けましょう。
[治療]
 家庭で止血する場合は、まず子どもを座らせます。出血している間は、あおむけに寝かせるとかえって止血しにくく、鼻血を飲み込んでしまってよくありません。そして、鼻を両側からつまんで圧迫止血します。ティッシュペーパーなどのやわらかい紙を鼻につめた場合も、鼻をつまんで圧迫します。また、額から鼻にかけての部分やくびすじを冷たいタオルで冷やします(「鼻血が出たときの手当」)。
 20~30分しても止まらなければ、急いで耳鼻咽喉科を受診しましょう。
 出血の原因が、かぜやアレルギー性鼻炎であれば、その治療も必要です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

子どもの鼻出血(鼻血)の関連キーワード岩戸玄関粘膜鼻孔皮膚粘膜眼症候群腸粘膜粘膜内癌鼻口里閭這ひ入り

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone