コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子宮がん検診 しきゅうがんけんしん

1件 の用語解説(子宮がん検診の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

しきゅうがんけんしん【子宮がん検診】

 一般的な子宮がん検診では、子宮頸部細胞診(しきゅうけいぶさいぼうしん)による子宮頸がん検診と内診(ないしん)を行ないます。
 子宮頸部細胞診では、子宮腟部(しきゅうちつぶ)と子宮頸管から綿棒ややわらかいヘラで細胞をこすりとり、固定染色して顕微鏡で観察します。若いときは、子宮頸がんや異形成は、頸部の表面の腟部にできますが、高齢になると、奥のほうの頸管にできやすくなります。
 内診では、おなかにあてた手と腟内に挿入した指で、性器をはさみこんで診察し、子宮や卵巣(らんそう)の大きさ・かたさ・動きやすさを調べます。
 このほかに、コルポスコープ(子宮頸部拡大鏡)で子宮頸部を観察したり、超音波で子宮や卵巣の状態を検査することもあります。
 子宮体(しきゅうたい)がん検診では、子宮内腔(しきゅうないくう)に細長い器具を挿入して、内膜(ないまく)細胞を吸いとったり、こすりとって調べる細胞診が行なわれます。
 子宮体がん検診は、不正性器出血があった人や、月経異常のある人、子宮体がんになりやすい体質の人(子宮体がん(「子宮体がん」))を対象にして行なわれることが多い検診です。
 子宮頸がん検診でも子宮体がん検診でも、がんだけでなく、前がん病変を発見することを目的としており、前がん病変のうちにみつけて経過観察することにより、がんになる前や初期がんの段階で手当ができるわけです。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

子宮がん検診の関連キーワード子宮口子宮癌子宮がんがん集団検診子宮頸がん予防ワクチン子宮頸管子宮頸癌子宮頸部子宮体部子宮内膜がん

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

子宮がん検診の関連情報