コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子宮がん検診 しきゅうがんけんしん

1件 の用語解説(子宮がん検診の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

しきゅうがんけんしん【子宮がん検診】

 一般的な子宮がん検診では、子宮頸部細胞診(しきゅうけいぶさいぼうしん)による子宮頸がん検診と内診(ないしん)を行ないます。
 子宮頸部細胞診では、子宮腟部(しきゅうちつぶ)と子宮頸管から綿棒ややわらかいヘラで細胞をこすりとり、固定染色して顕微鏡で観察します。若いときは、子宮頸がんや異形成は、頸部の表面の腟部にできますが、高齢になると、奥のほうの頸管にできやすくなります。
 内診では、おなかにあてた手と腟内に挿入した指で、性器をはさみこんで診察し、子宮や卵巣(らんそう)の大きさ・かたさ・動きやすさを調べます。
 このほかに、コルポスコープ(子宮頸部拡大鏡)で子宮頸部を観察したり、超音波で子宮や卵巣の状態を検査することもあります。
 子宮体(しきゅうたい)がん検診では、子宮内腔(しきゅうないくう)に細長い器具を挿入して、内膜(ないまく)細胞を吸いとったり、こすりとって調べる細胞診が行なわれます。
 子宮体がん検診は、不正性器出血があった人や、月経異常のある人、子宮体がんになりやすい体質の人(子宮体がん(「子宮体がん」))を対象にして行なわれることが多い検診です。
 子宮頸がん検診でも子宮体がん検診でも、がんだけでなく、前がん病変を発見することを目的としており、前がん病変のうちにみつけて経過観察することにより、がんになる前や初期がんの段階で手当ができるわけです。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

子宮がん検診の関連情報