コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子宮下垂/子宮脱 しきゅうかすいしきゅうだつ Uterine Descensus / Uterine Prolapse

1件 の用語解説(子宮下垂/子宮脱の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

しきゅうかすいしきゅうだつ【子宮下垂/子宮脱 Uterine Descensus / Uterine Prolapse】

[どんな病気か]
 子宮は骨盤内(こつばんない)のほぼ中央に位置し、前後左右の支持靱帯(じんたい)で支えられ、また骨盤底の支持組織(筋肉など)によってその位置が維持されています。
 その子宮が腟内(ちつない)に下降し、子宮腟入口部まで下がっているものを子宮下垂といい、腟入口部を越えて腟外に脱出するものを子宮脱といいます。
 また同時に、前側に隣接する膀胱(ぼうこう)も、腟壁の伸展とともに膀胱壁の一部が膨隆(ぼうりゅう)、脱出することがしばしばみられます(膀胱脱)。
[原因]
 子宮を支える靱帯や骨盤底を形成する筋肉などの支持組織が弱くなったためにおこります。その原因には、分娩(ぶんべん)による腟、子宮および子宮支持組織の弛緩(しかん)(ゆるみ)、加齢、先天的素因などがあります。
[症状]
 子宮下垂では下腹部の違和感、圧迫感、尿失禁など、子宮脱では脱出子宮の接触による著しい不快感と頻尿、排尿困難などの尿排泄(にょうはいせつ)症状がみられます。また、まれに合併した直腸脱(「直腸脱」)により、排便困難が現われることもあります。
[治療]
 子宮下垂、子宮脱の治療法としては、ペッサリー挿入法、手術療法があります。治療法は年齢、子宮下垂、子宮脱の程度などによって選択されます。
 ペッサリー挿入法は、細いドーナツ状のリングを腟内に挿入し、子宮の脱出をおさえて尿排泄症状を改善する方法です。これは、手術を希望しない場合、あるいは手術を行なえない場合に選択されます。
 ペッサリー挿入法を続けるためには、3か月に1度の診察または交換が必要となります。
 手術療法には、いろいろな種類があります。妊娠を希望しない場合は、脱出した子宮を摘出し、腟壁を縫い縮め強化する手術(腟式子宮全摘出術と前後腟壁形成術)を行ないます。
 子宮温存を希望する場合には、子宮頸部(けいぶ)を切除し腟壁を縫い縮め強化する手術(マンチェスター手術)を行ないます。
 そのほか、高齢者などに対する侵襲(しんしゅう)の少ない(痛みや危険のあまりともなわない)手術として、前後の腟壁を縫合する手術(ルフォー氏手術)などがあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

子宮下垂/子宮脱の関連キーワード骨盤子宮内臓神経座骨神経座骨神経痛何心地不死身骨盤臓器脱児頭骨盤不適合骨盤骨折 (pelvic fracture)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone