コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子宮脱 しきゅうだつuterine prolapse

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

子宮脱
しきゅうだつ
uterine prolapse

子宮の位置異常の一つ。子宮が病的に下方に移動し,腟腔内に移動したものを子宮下垂,腟口から外に脱出したものを子宮脱という。多産婦や老婦人に多く,子宮支持組織が弛緩したために起る。治療はこれらの組織や骨盤底筋を手術によって修復する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しきゅうだつ【子宮脱 uterine prolaps】

子宮の一部または全部が腟外に下降したもの。前者を不全子宮脱,後者を全子宮脱という。また腟外に下降しなくても,外子宮口が両坐骨棘(きよく)を結ぶ線より下降した場合を子宮下垂uterine ptosisという。一種のヘルニアと考えられ,子宮の支持装置である骨盤底諸筋,筋膜,靱帯(じんたい)類,なかでも肛門挙筋が,分娩,重作業,体質,高年齢などによって抵抗に対して薄弱となり,骨盤底の緊張が弛緩するために起こる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しきゅうだつ【子宮脱】

子宮の一部または全部が、膣口外に脱出するもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の子宮脱の言及

【子宮】より


[子宮の病気]
 子宮は,胎生期に左右のミュラー管が癒合して形成される臓器であるが,この癒合がなんらかの原因で障害されると,双頭双角子宮など各種の奇形が生ずる。子宮は生理的には小骨盤腔のほぼ中央に位置し,前傾前屈の位置をとっているのが普通であるが,位置異常として子宮が病的に後転する子宮後屈症,子宮が全体として前後左右に位置を変える子宮転位,また子宮が上下方向へ移動する子宮上昇や子宮脱などがある。子宮体内膜の炎症には急性子宮内膜炎があり,連鎖球菌,淋菌,大腸菌などが原因菌となり,分娩,流産,人工妊娠中絶,IUDなどが誘因となる。…

※「子宮脱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

子宮脱の関連情報