コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子宮復古不全 しきゅうふっこふぜん Subinvolution of the Uterus

2件 の用語解説(子宮復古不全の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

しきゅうふっこふぜん【子宮復古不全 Subinvolution of the Uterus】

[どんな病気か]
 分娩(ぶんべん)後、子宮は収縮して、6週で妊娠前の大きさにもどりますが、それがうまくいかず、遅れている状態をいいます。
[原因]
 胎盤(たいばん)や卵膜(らんまく)の一部が子宮内に残っている、子宮内に感染がある、分娩が長くかかった、授乳しない、不摂生、膀胱(ぼうこう)や直腸の充満(尿のがまんや便秘(べんぴ))などが原因となります。そのほか、帝王切開術(ていおうせっかいじゅつ)後、多胎(たたい)分娩(ふたご以上の分娩)、羊水過多(ようすいかた)、巨大児分娩のときにもおこります。
[症状]
 血性の悪露(おろ)(産褥期の注意すべき症状と対策の「産褥期のからだの変化」)や子宮出血が多量で、かつ長く続く晩期出血(ばんきしゅっけつ)(「晩期出血」)がみられ、子宮は正常産褥(さんじょく)の場合に比べ、大きくやわらかいので診断がつきます。
[治療]
 子宮収縮剤が用いられます。その際、子宮内に胎盤などが残っている場合には、すぐに子宮内掻爬(そうは)(子宮内容物の除去手術)が行なわれます。なお、発熱などのみられるときは、抗生物質を十分使用したうえで、子宮内掻爬が行なわれます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

百科事典マイペディアの解説

子宮復古不全【しきゅうふっこふぜん】

分娩後,子宮が収縮することを子宮復古といい,妊娠前の大きさに戻るには約1ヵ月かかる。子宮の収縮状態が悪く,小さくならないものを子宮復古不全という。単に収縮が悪い場合と,卵膜や胎盤の一部が残っているなどによる場合がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

子宮復古不全の関連キーワード後産鉗子分娩吸引分娩経腟分娩分娩異常分娩無痛分娩自宅分娩誘発分娩正常分娩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone