子宮復古不全(読み)しきゅうふっこふぜん(英語表記)Subinvolution of the Uterus

家庭医学館の解説

しきゅうふっこふぜん【子宮復古不全 Subinvolution of the Uterus】

[どんな病気か]
 分娩(ぶんべん)後、子宮収縮して、6週で妊娠前の大きさにもどりますが、それがうまくいかず、遅れている状態をいいます。
[原因]
 胎盤(たいばん)や卵膜(らんまく)の一部が子宮内に残っている、子宮内に感染がある、分娩が長くかかった、授乳しない、不摂生、膀胱(ぼうこう)や直腸の充満(尿のがまんや便秘(べんぴ))などが原因となります。そのほか、帝王切開術(ていおうせっかいじゅつ)後、多胎(たたい)分娩(ふたご以上の分娩)、羊水過多(ようすいかた)、巨大児分娩のときにもおこります。
[症状]
 血性の悪露(おろ)(産褥期の注意すべき症状と対策の「産褥期のからだの変化」)や子宮出血が多量で、かつ長く続く晩期出血(ばんきしゅっけつ)(「晩期出血」)がみられ、子宮は正常産褥(さんじょく)の場合に比べ、大きくやわらかいので診断がつきます。
[治療]
 子宮収縮剤が用いられます。その際、子宮内に胎盤などが残っている場合には、すぐに子宮内掻爬(そうは)(子宮内容物の除去手術)が行なわれます。なお、発熱などのみられるときは、抗生物質を十分使用したうえで、子宮内掻爬が行なわれます。

出典 小学館家庭医学館について 情報

百科事典マイペディアの解説

子宮復古不全【しきゅうふっこふぜん】

分娩後,子宮が収縮することを子宮復古といい,妊娠前の大きさに戻るには約1ヵ月かかる。子宮の収縮状態が悪く,小さくならないものを子宮復古不全という。単に収縮が悪い場合と,卵膜や胎盤の一部が残っているなどによる場合がある。他に原因がある場合は,悪露がいつまでも続く。収縮が悪い場合は,子宮収縮薬を用い,胎盤などが残っている場合は子宮内清掃が必要となる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android