コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羊水過多 ようすいかたPolyhydramnios

家庭医学館の解説

ようすいかた【羊水過多 Polyhydramnios】

[どんな病気か]
 妊娠中の羊水の量には個人差があり、また妊娠の時期によっても異なりますが、時期を問わずに800mℓ以上の羊水がある場合を、羊水過多といい、これによっていろいろな症状がともなうものを、羊水過多症と呼んでいます。
 数か月の間に徐々に増量するものを慢性羊水過多症といい、数日のうちに急速に増量するものを急性羊水過多症といいます。軽度の慢性羊水過多症は、全妊娠の約0.5%前後にみられ、高度の急性羊水過多症は、約0.1%以下とまれな病気です。出産回数が多いほど、また、分娩(ぶんべん)時の年齢の高いほど頻度が高くなるといわれています。
[原因]
 原因としては、胎児(たいじ)側では脊椎披裂(せきついひれつ)(二分脊椎(にぶんせきつい))、無脳児などの神経管閉鎖不全、消化管上部の閉鎖などの形態異常によっておこることがあります。また、母体側では、心臓・肝臓・腎臓(じんぞう)の疾患や、糖尿病などが原因となるといわれています。
 しかし、まったく胎児に異常のみられない原因不明の羊水過多も、約50%前後あるといわれています。
[症状]
 羊水の量が多くなると、腹部は球形となり緊満感(きんまんかん)や疼痛(とうつう)を訴え、ときには呼吸困難、悪心(おしん)・嘔吐(おうと)、下肢(かし)や外陰部に浮腫(ふしゅ)(むくみ)や静脈瘤(じょうみゃくりゅう)をみることがあります。また子宮内圧は高まり、前期破水(ぜんきはすい)をおこしたり、流産や早産の可能性が高くなります。
 また分娩時にも、分娩遷延(せんえん)(分娩が長引く)、臍帯(さいたい)や四肢の脱出、弛緩(しかん)出血などに注意が必要となります。
[検査と診断]
 子宮内の羊水の正確な量を計測することは、たいへんむずかしいのですが、正常妊娠のときに比べて、子宮底長(しきゅうていちょう)(恥骨結合上縁(ちこつけつごうじょうえん)から子宮底部までの長さ)や腹囲の急激な増加がみられた場合、超音波診断法を用いて、羊水のおおよその量を測定するのが一般的な診断法です。
[治療]
 母体に明らかな原因がある場合は、その治療を行ないます。羊水過多が急性で、症状が重い場合には、子宮収縮抑制剤を使用し、超音波診断を行ないながら、おなかに針を刺して羊水の排液を行ないます。症状が改善しなければ、早急に分娩させる必要があることもあります。
 慢性の場合で、胎児に明らかな異常がなく、母体の症状が軽い場合は、安静のみでようすをみることもありますが、症状が現われた場合は、必要に応じて子宮収縮抑制剤を投与したり、羊水の排液を行なうことで、症状の軽減をはかることが可能です。
 また、薬剤(インドメタシンなど)により羊水を減少させる方法も検討されています。

出典 小学館家庭医学館について 情報

羊水過多の関連キーワード妊娠中の健康管理双胎間輸血症候群18トリソミー子宮復古不全多胎妊娠羊水過少臍帯脱出早期破水骨盤位双生児横位逆児

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android