コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孔雀羊歯 クジャクシダ

デジタル大辞泉の解説

くじゃく‐しだ【×雀羊歯】

イノモトソウ科のシダ。葉は扇形に広がり、細かく裂けた裂片の前縁胞子嚢(ほうしのう)群が並び、これを葉の縁が裏側に反り返るようにして包む。葉柄は黒褐色でつやがある。古くから観葉植物とされる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くじゃくしだ【孔雀羊歯】

イノモトソウ科の夏緑性シダ植物。山中の林地に生える。葉は根生し、褐色の細い柄の上端に狭長楕円形の羽片が扇形につく。クジャクソウ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

孔雀羊歯 (クジャクシダ)

植物。イノモトソウ科の多年草。クジャクソウの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

孔雀羊歯の関連キーワード林地羽片根生