コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孔雀蝶 クジャクチョウ

デジタル大辞泉の解説

くじゃく‐ちょう〔‐テフ〕【××蝶】

鱗翅(りんし)目タテハチョウ科の昆虫。翅(はね)の開張約5.5センチ、翅の表面はえび茶色で円紋があり、裏面は黒い。幼虫黒色で、食草はイラクサ。本州中部以北にみられる。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くじゃくちょう【孔雀蝶】

タテハチョウ科のチョウ。開張約55ミリメートル。はねの表は濃赤褐色で、前後のはねに各一個のクジャクの尾紋に似た美しい眼状紋がある。裏面は黒色。幼虫はイラクサ類を食べる。本州中部以北の山地と北海道に産する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

孔雀蝶 (クジャクチョウ)

学名:Inachus io
動物。タテハチョウ科のチョウ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

孔雀蝶の関連キーワードクジャク山地

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android