コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生きる イキル

5件 の用語解説(生きるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

い・きる【生きる】

[動カ上一][文]い・く[カ上二]《古くは四段活用であったが、中世ごろから上二段に活用》
人間・動物などが、生命があり活動できる状態にある。生命を保つ。生存する。「百歳まで―・きる」「水だけで―・きる」⇔死ぬ

㋐生計を立てる。生活する。「ペン一本で―・きる」
㋑(「…にいきる」「…をいきる」の形で)そこを生活の本拠として暮らす。また、意識的能動的に毎日を過ごす。「海に―・きる人々」「青春をいかに―・きるか」
㋒(「…にいきる」の形で)そのことに生きがいを見出して日々を送る。「研究一筋に―・きる」「趣味に―・きる」
あたかも命があるような働きをする。生き生きする。また、理念などが失われずに後世まで伝えられる。「その一語で文章が―・きてきた」「創設者の精神は今日なお―・きている」
(「活きる」とも書く)うまく活用することによってそのものの価値が発揮される。効果を現す。「ひとふりの塩で味が―・きてくる」「長年の経験が―・きる」
効力が失われていない。「あのときの約束は―・きている」「ライン内の―・きたボール」
野球で、塁に出たランナーがアウトにならずにすむ。「エラーで一塁に―・きる」⇔死ぬ
(「活きる」とも書く)囲碁で、目が別々に二つ以上できて自分の地(じ)となる。「石が―・きる」⇔死ぬ。→生(い)く
[補説]書名別項。→生きる

いきる【生きる】[書名]

乙川優三郎時代小説。藩主亡き後追い腹を禁じられながら生きる武士の苦悩を描く。平成14年(2002)刊行。同年、第127回直木賞受賞。
黒沢明監督・脚本による映画の題名。昭和27年(1952)公開。出演、志村喬小田切みきほか。事なかれ主義だった公務員が余命宣告を機に、使命感をもって仕事を遂行していく姿を描くヒューマンドラマ。志村演じる主人公ブランコをこぐ場面は特に有名。第26回キネマ旬報ベストテンの日本映画ベストワン作品。ベルリン国際映画祭上院特別賞、第7回毎日映画コンクール日本映画大賞など数々の映画賞を受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

生きる

1952年公開の日本映画。監督・脚本:黒澤明、脚本:橋本忍ほか、撮影:中井朝一、録音:矢野口文雄。出演:志村喬、金子信雄、関京子、小堀誠、浦辺粂子、南美江、小田切みきほか。第26回キネマ旬報ベスト・テンの日本映画ベスト・ワン作品。第7回毎日映画コンクール日本映画大賞、脚本賞、録音賞受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いきる【生きる】

黒沢明監督の1952年作品。《白痴》(1951)と《七人の侍》(1954)の中間に作られた。黒沢明は,みずから認めているとおり観念的な発想によって作品を作る作家であるが,《白痴》がドストエフスキーの小説,《蜘蛛巣城》(1957)がシェークスピアの戯曲(《マクベス》),《どん底》(1957)がゴーリキーの戯曲を下敷きにしたように,ゲーテの詩劇《ファウスト》が構成の下敷きであると指摘されている。《生きる》という題名そのものがすでに一つの観念になっている作品である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生きる
いきる

日本映画。1952年(昭和27)作品。黒澤明(くろさわあきら)監督。黒澤監督作品の特色であるリアリズムとヒューマニズムが横溢(おういつ)した代表作。主人公の市役所の老課長(志村喬(しむらたかし)、1905―1982)が胃癌(いがん)を宣告され、事なかれ主義で勤勉に勤めてきた自分を反省し、残りの人生をかけて、圧力にめげず粘り強く公園建設に立ち向かっていく。これが前半で、一転して後半では、彼の通夜に集まった市役所員たちによって公園建設までのいきさつが回想される。主人公と同居する息子夫婦、勤め先の市役所員、公園建設を申請するおかみさんたちなどの人間描写が、生々しく、また批評的に、ユーモラスに描かれた。それまでのヒーロー主体の黒澤作品に多くの人物群像を加え、新たな作品世界を開示した。状況設定や説明も的確で、挿入されるエピソードがめりはりをつけ、ストーリー・テラーとしての持ち味も遺憾なく発揮された作品である。第二次世界大戦後の東京の都市としての一断面図を活写して、1950年代前半のリアリズム全盛期を飾った作品として同時代評価も高かった。[千葉伸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生きるの関連キーワード生く起きる熾きる起く尽きる寝起く跳ね起きる聞飽きる飛起きる燃尽きる

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

生きるの関連情報