存する(読み)ソンスル

デジタル大辞泉の解説

そん・する【存する】

[動サ変][文]そん・す[サ変]《「そんずる」とも》
存在する。ある。「古くから当地に―・する風習」
生きている。生きながらえる。生存する。「この世に人類の―・する限り」
無くならずに残っている。「今なお記憶に―・する」
残しとどめる。たもつ。「旧態を―・する制度」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そんする【存する】

( 動サ変 ) [文] サ変 そん・す 〔「そんずる」とも〕
(自動詞)
ある。存在する。 「厳然たる事実の-・する限り言い逃れはできない」 「其微意は唯この辺に在ありて-・するのみ/福翁百話 諭吉
生きながらえる。 「当時のものは今-・じてゐない/渋江抽斎 鷗外
残る。残りとどまる。 「驕れる者は失し倹なる者は-・す/太平記 11
(他動詞)
保つ。持っている。 「多少にても同類の為にするの心を-・するは/福翁百話 諭吉
残す。とどめる。 「古風を-・じたる打扮いでたちしたれば/即興詩人 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

存するの関連情報