コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

季節関税 きせつかんぜいseasonal customs duties

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

季節関税
きせつかんぜい
seasonal customs duties

ある特定の季節に賦課する関税農産物に対する関税などにしばしばみられるもので,当該生産物の収穫期にだけ通常より高い関税を賦課することによって自国生産者を保護する。日本では 1962年オレンジについて初めてこの方式を採用した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

会計用語キーワード辞典の解説

季節関税

輸入される時期によって適用される税率を異にする関税。国産品の出回り期が、季節によって偏っている場合、その期間にこれと競合する輸入品に対して高い関税を課すことにより国産品の保護を図り、その他の季節には低い関税を課すことで消費者の要望に応えることを目的としています。

出典 (株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

きせつかんぜい【季節関税】

保存のきかない果物や野菜などの輸入品について、国内の農業生産者を保護するため、ある季節に限って高い税率で賦課する関税。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

季節関税の関連キーワード国内保存

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android