コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜門山地 りゅうもんさんち

3件 の用語解説(竜門山地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竜門山地
りゅうもんさんち

奈良県,奈良盆地の南端と吉野川渓谷の間を北東から南西方向に連なる山地。主峰は竜門岳 (904m) 。領家帯花崗岩類から成り,南側は中央構造線に沿う断層崖,北側は緩傾斜をなす。芦原峠,重阪 (へさか) 峠を経て南北の道路が通じる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りゅうもん‐さんち【竜門山地】

奈良県中部、奈良盆地吉野川流域の間に広がる山地。最高峰は竜門岳(標高904メートル)で、ほかに御破裂(ごはれつ)山(標高618メートル)・高取山(標高583メートル)などの山々がある。南は中央構造線による断層で北側にゆるやかに傾斜している。北東は初瀬川によって大和高原に区切られ、東は宇陀(うだ)山地に、南西は金剛山地に続く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竜門山地
りゅうもんさんち

奈良県中部、奈良盆地と吉野川との間にある山地。主峰の竜門岳(904メートル)のほか、熊(くま)ヶ岳、多武峰(とうのみね)、高取山などの諸峰がある。領家(りょうけ)変成岩の花崗(かこう)岩類からなり、北東は宇陀(うだ)山地、南西は金剛(こんごう)山地の東側断層崖(がい)で限られ、南の吉野川構造谷には断層崖で臨む。山地の鞍部(あんぶ)は、芋(いも)ヶ峠、芦原(あしはら)峠、重阪(へさか)峠など古来南北に通ずる峠道として利用されてきた。[菊地一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竜門山地の関連キーワード五條下市花みょうが飛鳥/明日香奈良県吉野郡吉野町飯貝奈良県吉野郡大淀町奈良県吉野郡川上村奈良県吉野郡下市町奈良県吉野郡吉野町宮滝奈良県吉野郡東吉野村鷲家

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone