コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守澄入道親王 しゅちょうにゅうどうしんのう

2件 の用語解説(守澄入道親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

守澄入道親王 しゅちょうにゅうどうしんのう

1634-1680 江戸時代前期,後水尾(ごみずのお)天皇の第6皇子。
寛永11年閏(うるう)7月11日生まれ。母は壬生(みぶ)院(園光子)。寛永21年親王となり,青蓮院(しょうれんいん)にはいり出家。徳川家光の要請で日光山門主となり,正保(しょうほ)4年寛永寺にはいる。明暦元年(1655)天台座主(ざす)となり,後水尾上皇から輪王寺の号をうけた。輪王寺門跡(もんぜき)の初世。延宝8年5月16日死去。47歳。幼称は今宮。俗名は幸教(たかのり)。法名ははじめ尊敬。法号は本照院。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

守澄入道親王

没年:延宝8.5.16(1680.6.12)
生年:寛永11.閏7.11(1634.9.3)
江戸前期の皇族。後水尾天皇の第6皇子,母は園光子(壬生院)。今宮と称す。寛永15(1638)年上野寛永寺の開山天海の奏請により日光山門主と定められる。正保1(1644)年10月2日親王宣下。諱は幸教。同16日青蓮院にて得度。法諱は尊敬。同4年9月14日天海を継ぎ寛永寺へ入り,承応3(1654)年11月11日寛永寺2世となる。明暦1(1655)年10月8日天台座主に任じられ,11月26日後水尾天皇より輪王寺の号を賜った。これより寛永寺住職は輪王寺宮を称した。12月座主を辞す。延宝1(1673)年5月20日法諱を守澄と改めた。<参考文献>『天台宗全書』24巻

(藤田恒春)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

守澄入道親王の関連キーワード一乗院宮真敬法親王中和門院仙石久邦仁和寺宮性承法親王梵崟東福門院逢春門院寛永高仁親王常子内親王

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone