守澄入道親王(読み)しゅちょうにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

守澄入道親王 しゅちょうにゅうどうしんのう

1634-1680 江戸時代前期,後水尾(ごみずのお)天皇の第6皇子。
寛永11年閏(うるう)7月11日生まれ。母は壬生(みぶ)院(園光子)。寛永21年親王となり,青蓮院(しょうれんいん)にはいり出家。徳川家光の要請で日光山門主となり,正保(しょうほ)4年寛永寺にはいる。明暦元年(1655)天台座主(ざす)となり,後水尾上皇から輪王寺の号をうけた。輪王寺門跡(もんぜき)の初世。延宝8年5月16日死去。47歳。幼称は今宮。俗名は幸教(たかのり)。法名ははじめ尊敬。法号は本照院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

守澄入道親王

没年:延宝8.5.16(1680.6.12)
生年:寛永11.閏7.11(1634.9.3)
江戸前期の皇族。後水尾天皇の第6皇子,母は園光子(壬生院)。今宮と称す。寛永15(1638)年上野寛永寺の開山天海の奏請により日光山門主と定められる。正保1(1644)年10月2日親王宣下。諱は幸教。同16日青蓮院にて得度。法諱は尊敬。同4年9月14日天海を継ぎ寛永寺へ入り,承応3(1654)年11月11日寛永寺2世となる。明暦1(1655)年10月8日天台座主に任じられ,11月26日後水尾天皇より輪王寺の号を賜った。これより寛永寺住職は輪王寺宮を称した。12月座主を辞す。延宝1(1673)年5月20日法諱を守澄と改めた。<参考文献>『天台宗全書』24巻

(藤田恒春)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

守澄入道親王 (しゅちょうにゅうどうしんのう)

生年月日:1634年7月11日
江戸時代前期の後水尾天皇の第6皇子
1680年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android