コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今宮 イマミヤ

3件 の用語解説(今宮の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いま‐みや【今宮】

新たに生まれた皇子。
本宮から神霊を分けて、新しく祭った神社。若宮。新宮(しんぐう)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いまみや【今宮】

新たに生まれた皇子。 「みかど、まして限りなう珍しと、この-をば思ひ聞え給へり/源氏 竹河
あらたに分祀ぶんしした神社。分社。また、新宮。 ↔ 本宮

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

今宮
いまみや

新しくできた宮(神社)をいい、「新宮(しんぐう)」とも称する。多くは本宮があり、その分社として存在する。創建当時は新しく勧請(かんじょう)した分社の意味であったが、大阪市の今宮戎(えびす)神社のように時代を経て固有名詞化した例や、京都市の今宮神社のように新しく設立した神社に用いられる例などがある。[寳來正彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の今宮の言及

【別宮】より

…その場合,別宮は神領とともに本社で管理された。(3)そのほかに今宮,若宮など,さらに神幸祭の頓宮,お旅所,また旧社地に奉斎してある社のことを別宮と称しているように,幾種にか分類される。【鎌田 純一】。…

※「今宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今宮の関連キーワード神位神降ろし新山神霊暖簾を分ける分社山分け理を分ける寄坐火焔皇子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

今宮の関連情報