コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安宇植 あん うしょく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安宇植 あん-うしょく

アン-ウシク

安宇植 アン-ウシク

1932-2010 昭和後期-平成時代の文芸評論家。
昭和7年12月18日東京生まれ。朝鮮大学校教師,新潟産業大教授をへて,平成11年桜美林大教授。朝鮮文学の紹介につとめ,昭和57年尹興吉(ユン-フンギル)「母(エミ)」で日本翻訳文化賞。「李陸史詩集」,韓竜雲「ニムの沈黙」などの翻訳もある。平成22年12月22日死去。78歳。早大中退。著作に「金史良(キム-サリャン)―その抵抗の生涯」「天皇制と朝鮮人」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

安宇植【あんうしょく】

文学者,批評家,翻訳家。東京都出身。在日朝鮮人として生まれる。早稲田大学中退。朝鮮大学校教諭,新潟産業大教授,桜美林大学教授。生涯を通じて朝鮮半島の文学,評論の日本語訳に献身,数々のすぐれた訳業を残した。主な著作に《金史良 その抵抗の生涯》(岩波新書)。1982年,《母 エミ》(尹興吉)の翻訳で,日本翻訳文化賞受賞。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android