コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金史良 キムサリャン

9件 の用語解説(金史良の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

キム‐サリャン【金史良】

[1914~1950?]朝鮮の作家。本名、金時昌(キムシチャン)。平壌(ピョンヤン)生まれ。日本に留学し、東大を卒業。在日中に書かれた「光の中に」は芥川賞候補となった。第二次大戦後は朝鮮に帰国し、作家として朝鮮戦争に従軍、戦中に行方不明となった。他に「海への歌」「太白山脈」など。きんしりょう

きん‐しりょう〔‐シリヤウ〕【金史良】

キム=サリャン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

金史良【きんしりょう】

朝鮮の作家。日本に留学して佐賀高校,東京大学在学中に発表した日本語小説の中で《光の中に》芥川賞候補となり注目される。《土城廊》《天馬》などは作品集《光の中に《故郷》に収められた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金史良 きん-しりょう

キム-サリャン

金史良 キム-サリャン

1914-? 朝鮮の小説家。
1914年3月3日生まれ。1933年(昭和8)来日。芥川賞候補作となった「光の中に」や「故郷」などに植民地朝鮮の現実をえがく。1943年帰国。1945年中国共産党の解放地区に脱出し,朝鮮独立同盟に参加,解放後は朝鮮民主主義人民共和国で作家活動をつづけた。1950年朝鮮戦争に従軍し,11月ごろ消息をたった。平壌出身。東京帝大卒。本名は時昌(シチヤン)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

きんしりょう【金史良 Kim Sa‐ryang】

1914‐50
朝鮮の作家。本名は金時昌。平壌生れ。1933年に渡日し旧制佐賀高校を経て東京帝国大学を卒業。39年《文芸首都》に掲載した日本語による《光の中に》が芥川賞候補作となり,文壇が注目する中で相ついで力作を発表し,小説集《光の中に》《故郷》を上梓した。太平洋戦争とともに予防拘禁され,のちに帰国。その後も日本語で《海への歌》《太白山脈》など長編を新聞,雑誌に連載。45年春,在中国・朝鮮人学徒兵慰問のため中国へ派遣された機会に解放区へ脱出,延安の朝鮮独立同盟に参加し日本の敗戦後帰国。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

キムサリャン【金史良】

1914~1950) 朝鮮の作家。本名、金時昌。平壌生まれ。1933年(昭和8)来日。東大卒。42年帰国、朝鮮戦争に際し、人民軍に従軍し戦病死。「光の中に」は在日朝鮮人文学の先駆的作品。ほかに「海への歌」「太白山脈」など。きんしりょう。

きんしりょう【金史良】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金史良
きんしりょう / キムサリャン
(1914―?)

朝鮮の作家。平壌(ピョンヤン)生まれ。1932年に渡日。東京帝国大学独文科卒業。『朝鮮日報』学芸部記者を経て東京帝大大学院へ進む。39年『文芸首都』に発表した『光の中に』が第10回芥川(あくたがわ)賞候補となり文学的出発を行う。『天馬』『草深し』『無窮一家』などを次々に発表、植民地下朝鮮の悲惨な現実や在日朝鮮人の苦難に満ちた生活を直視するなかで自由への道を模索した。41年12月検挙、翌年2月釈放と同時に帰国。日本での作品集に『光の中に』(1940・小山書店)、『故郷』(1942・甲鳥書林)がある。朝鮮にて長編『太白山脈』(日本語)、『海への歌』(朝鮮語)などを発表。45年春、中国抗日地区へ脱出、朝鮮義勇軍に参加。解放直後に帰国し、小説、戯曲、ルポルタージュなどを発表。作品集に『風霜』(1948・朝鮮人民出版社)がある。50年朝鮮戦争開始時に従軍作家として人民軍に従軍、同年秋に戦死したとみられている。[任 展 慧]
『『金史良全集』全4巻(1973・河出書房新社) ▽安宇植著『金史良――その抵抗の生涯』(岩波新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の金史良の言及

【在日朝鮮人】より

…日本のプロレタリア文学運動の中で活動した作家に鄭然圭,韓植,金熙明,詩人に金竜済,白鉄,姜文錫(きようぶんしやく)らがいる。その運動が解体しはじめたころに張赫宙(ちようかくちゆう)は〈餓鬼道〉(1932)で日本文壇に登場,植民地下朝鮮農民の現実を骨太な筆致で描いて好評を得(のちに皇民化運動に荷担する),また金史良は〈光の中に〉が,李殷直の〈ながれ〉とともに1939年に第10回芥川賞候補となり,作家活動に入った(太平洋戦争開始時に検挙され釈放後ただちに帰国)。この時期に〈在日〉朝鮮人の文学は本格的に始まったといえよう。…

※「金史良」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

金史良の関連キーワード黄健石潤基宋影金時北朝鮮のミサイル発射凍結内田朝雄斎藤憐沈薫朝鮮作家同盟ペラダン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金史良の関連情報