コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安宗 あんしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安宗 あんしゅう

813-887 平安時代前期の僧。
弘仁(こうにん)4年生まれ。行教の甥(おい)。貞観(じょうがん)5年(863)山城(京都府)石清水(いわしみず)八幡宮の神宮寺である護国寺の初代別当となる。17年国家安泰のための一切経,大乗経などを弥勒(みろく)寺(宇佐神宮の神宮寺)に安置。元慶(がんぎょう)7年完成の山城極楽寺の本願主となった。仁和(にんな)3年9月19日死去。75歳。俗姓は紀。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

安宗の関連キーワードお古牟の方福王朱由崧土岐 善麿松平定国荒井千春荷田在満松平定信浅田恭悦田安治察国歌八論徳川吉宗松平楽翁賀茂真淵観世元章土岐善麿石清水祭歌体約言徳川宗武長野清良万葉調

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安宗の関連情報