コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安芸皎一 あきこういち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安芸皎一
あきこういち

[生]1902.4.9. 新潟
[没]1985.4.27. 横浜
土木工学者。東京大学土木工学科卒業 (1926) 。内務省に入り,鬼怒川富士川などの改修工事を担当,河川の長期的変化について研究し『河相論』 (44) を著わす。東京大学教授を兼ね (44) ,内務省土木試験所所長 (46) 。資源問題の権威者でもあり,1948年資源調査会の初代事務局長,51年同副会長となる。 54年日本で開催されたエカフェ (国際連合アジア極東経済委員会) 河川開発会議の議長,60年エカフェ水資源開発局長となるなど国際舞台での活躍にもめざましいものがあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安芸皎一 あき-こういち

1902-1985 昭和時代の河川工学者。
明治35年4月9日生まれ。内務省土木局で富士川などの改修工事に従事,昭和19年東京帝大教授を兼任。26年資源調査会副会長となり,のちエカフェ水資源開発局長などをつとめた。32年日本雪氷学会会長。昭和60年4月27日死去。83歳。新潟県出身。東京帝大卒。著作に「河相論」「日本の資源問題」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

安芸皎一の関連キーワード太平洋ベルト地帯昭和時代