コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安藤信友 あんどう のぶとも

1件 の用語解説(安藤信友の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安藤信友 あんどう-のぶとも

1671-1732 江戸時代前期-中期の大名。
寛文11年生まれ。安藤重博の長男。元禄(げんろく)11年父の跡をつぎ,備中(びっちゅう)(岡山県)松山藩主安藤家2代となり,奏者番,寺社奉行をつとめる。宝永8年美濃(みの)(岐阜県)に移封(いほう),加納藩主安藤家初代となる。6万5000石。大坂城代から享保(きょうほう)7年老中。俳諧(はいかい)をよくし,榎本其角(えのもと-きかく)に入門,冠里(かんり)と号した。享保17年7月25日死去。62歳。初名は重興,重行,信賢。通称は政蔵。
【格言など】雪の日やあれも人の子樽拾ひ

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

安藤信友の関連キーワードカンプハイス筒井村作兵衛若林強斎山科別院山科本願寺イアペトゥスオペラ座栗山潜鋒呉偉業即非如一

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone