コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安藤信友 あんどう のぶとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安藤信友 あんどう-のぶとも

1671-1732 江戸時代前期-中期の大名。
寛文11年生まれ。安藤重博の長男。元禄(げんろく)11年父の跡をつぎ,備中(びっちゅう)(岡山県)松山藩主安藤家2代となり,奏者番,寺社奉行をつとめる。宝永8年美濃(みの)(岐阜県)に移封(いほう),加納藩主安藤家初代となる。6万5000石。大坂城代から享保(きょうほう)7年老中。俳諧(はいかい)をよくし,榎本其角(えのもと-きかく)に入門,冠里(かんり)と号した。享保17年7月25日死去。62歳。初名は重興,重行,信賢。通称は政蔵。
【格言など】雪の日やあれも人の子樽拾ひ

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

安藤信友の関連キーワード安藤信尹安藤冠里加納城冠里

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android