コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安藤朴翁 あんどう ぼくおう

1件 の用語解説(安藤朴翁の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安藤朴翁 あんどう-ぼくおう

1627-1702 江戸時代前期の国学者。
寛永4年4月14日生まれ。安藤了翁の子。安藤亀子の夫。京都で儒学,和歌をまなび,伏見宮家につかえる。子の安藤抱琴,安藤年山の「礼儀類典」編集をたすけた。元禄(げんろく)15年8月23日死去。76歳。丹波桑田郡(京都府)出身。名は定為。通称は新五郎。著作に「常陸帯」「山家の記」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

安藤朴翁の関連キーワード松木満彦国学者斎部伊紀三鍼蔀遊燕関矢凌雲田中式如西村有鄰秦信慶三宅環翠