コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安順 あんじゅん

百科事典マイペディアの解説

安順【あんじゅん】

中国,貴州省西部の都市。【てん】黔(てんけん)道路(貴州〜雲南)に沿う要地で,付近物産の集散地であり,製革,製茶などの手工業行われる。付近に塔山,華厳洞などの景勝がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安順
あんじゅん / アンシュン

中国、貴州(きしゅう)省中西部の地級市。省都貴陽(きよう)の南西約80キロメートルにある。人口285万6200(2013)。2市轄区、1県、3自治県を管轄する(2016年時点)。貴昆線(貴陽―昆明(こんめい))や自動車路の沿線に位置する交易中心地で、茶の産地でもある。石灰岩地帯のため、郊外は多数の石洞などがある景勝地である。南西の打幇河(だほうが)上流には、階段状の河床を流れ落ちる九つの滝があり、そのうち最大の黄果樹瀑布(こうかじゅばくふ)はその雄大さで知られ、57メートルの断崖を流下する水量は一年中豊かである。[小野菊雄・編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安順の関連情報