コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宍戸藩 ししどはん

2件 の用語解説(宍戸藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宍戸藩
ししどはん

江戸時代,常陸国 (茨城県) 茨城郡宍戸地方を領有した藩。慶長5 (1600) 年から正保2 (45) 年まで秋田氏が5万石で在封,続いて水戸藩領の一部となり,天和2 (82) 年その支藩松平 (徳川) 氏1万石の領地として廃藩置県にいたる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宍戸藩
ししどはん

常陸(ひたち)国茨城郡宍戸(茨城県笠間(かさま)市)に本拠を置いた藩。1602年(慶長7)出羽(でわ)秋田の秋田実季(さねすえ)が入り5万石で立藩。1645年(正保2)子俊季(としすえ)のとき陸奥(むつ)三春(みはる)に移封となり、のち幕府直轄領となる。1682年(天和2)水戸藩主徳川頼房(よりふさ)の第7子松平頼雄(よりお)が入って茨城郡27か村計1万石を領し、ふたたび立藩。頼道(よりみち)、頼慶(よりのり)、頼多(よりた)、頼救(よりすけ)、頼敬(よりゆき)、頼(よりかた)、頼位(よりたか)、頼徳(よりのり)、頼位(再承)と続いた。1871年(明治4)の廃藩置県で宍戸県を経て茨城県に編入。松平氏は定府(じょうふ)大名で、代々大炊頭(おおいのかみ)を称した。[秋山高志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宍戸藩の関連キーワード茨城県東茨城郡茨城町大戸茨城県東茨城郡茨城町小幡茨城県東茨城郡茨城町木部茨城県東茨城郡茨城町下座茨城県東茨城郡茨城町駒場茨城県東茨城郡茨城町下土師茨城県東茨城郡茨城町鳥羽田茨城県東茨城郡茨城町野曽茨城県東茨城郡茨城町谷田部茨城県東茨城郡茨城町若宮

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone