コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗義真 そう よしざね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宗義真 そう-よしざね

1639-1702 江戸時代前期の大名。
寛永16年11月18日生まれ。宗義成(よしなり)の子。明暦3年対馬(つしま)(長崎県)府中藩主宗家3代となる。藩政改革をすすめ,城下町の建設,朝鮮釜山の倭館の移転などを実現させる。銀山開発と朝鮮貿易を振興して西国の長者といわれた。元禄(げんろく)15年8月7日死去。64歳。通称は彦満。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

宗義真

没年:元禄15.8.7(1702.8.29)
生年:寛永16.11.18(1639.12.12)
江戸前期の対馬府中藩主。父は義成,母は日野氏。江戸下谷の生まれ。幼名彦満。明暦1(1655)年従四位下,播磨守に任じられ,同3年襲封。侍従,対馬守となる。寛文年間(1661~72),知行制度の改革や役所機構の整備を行う。朝鮮貿易の好調を背景に,土木・建築事業,藩士知行の格上げなどを進め,また雨森芳洲,松浦霞沼ら優秀な学者を招聘した。しかし元禄末年から朝鮮貿易は下降線となり,義真の代に形成された格式はその後の藩財政の桎梏となった。元禄5(1692)年跡を息子義倫に譲り隠居したが,同7年義倫が没し年少の義方が跡を継ぐと,朝鮮関係の役儀を司るよう幕府から命じられ,同14年まで務めた。隠居後は刑部大輔と称した。

(鶴田啓)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうよしざね【宗義真】

1639‐1702(寛永16‐元禄15)
近世中期の対馬藩主。中興の英主とされる。対馬守,侍従従四位下,1692年(元禄5)致仕後刑部大輔,法号天竜院。1657年(明暦3)襲封し,寛文の藩政改革,城下町建設,大船越の開削などを推進,また朝鮮の釜山倭館の移転を実現した。この時期,藩は島内の銀山と朝鮮貿易の活況で極盛期にあり,雨森芳洲らの人材も輩出したが,後には放漫財政に陥り,矛盾を生じた。1694‐1701年幼主義方を補佐。【荒野 泰典】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

367日誕生日大事典の解説

宗義真 (そうよしざね)

生年月日:1639年11月18日
江戸時代前期;中期の大名
1702年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

宗義真の関連キーワード塩川伊右衛門佐々木遊古子大浦権太夫生年月日西山順泰中山意三宗義倫宗方煕宗義誠宗義方

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android