官途奉行(読み)カントブギョウ

世界大百科事典 第2版の解説

かんどぶぎょう【官途奉行】

鎌倉・室町幕府において御家人の任官叙爵のことをつかさどった官職。任官奉行とも呼ばれた。源頼朝は御家人が直接に朝廷から官職を得ることを禁止して頼朝が推挙する方針をとり,以後の幕府も原則としてこの政策をうけついで,任官叙爵も幕府の御恩の一つとなったが,初めのうちはその実務を行う特別の官は置かなかった。しかし成功(じようごう)銭のことなどで叙任に問題があり,13世紀半ばの建長のころには清原満定が奉行としてこれに当たっており,その後評定衆の中から官途奉行が任命されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんとぶぎょう【官途奉行】

鎌倉・室町幕府の職名。御家人などの任官・叙爵のことをつかさどった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android