コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定慶(2) じょうけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

定慶(2) じょうけい

1184-? 鎌倉時代の仏師。
元暦(げんりゃく)元年生まれ。元仁(げんにん)元年制作の大報恩寺六観音像,嘉禄(かろく)2年の鞍馬寺(くらまでら)聖観音像,仁治(にんじ)3年の丹波氷上(ひかみ)郡(兵庫県)石龕(せきがん)寺の金剛力士像などをのこした。運慶の次男康運と同一人物とする説がある。通称は肥後別当,肥後法橋(ほっきょう)など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

定慶(2)の関連キーワード元暦

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android