コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薬籠 ヤクロウ

世界大百科事典 第2版の解説

やくろう【薬籠】

薬をいれた容器。〈薬籠〉の語は早く中国の《唐書》に見え,〈薬籠中の物〉というたとえは日本でもよく人に知られているが,薬籠が日本で用いられたのは室町時代で,〈薬籠〉の語は1548年(天文17)の《運歩色葉集》や《日葡辞書》などに見え,易林本《節用集》はこれを〈やろう〉とよんでいる。薬籠は室町時代に印籠などとともに中国から輸入された舶来品で,多く彫漆,螺鈿(らでん)などで飾った円形の筥(はこ)である。その大きさには大小があったが,ふつう,直径3寸5分(約10.5cm)ばかりで,また3重,4重の重筥(かさねばこ)もあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

薬籠
やくろう

草根木皮などを薬研(やげん)で細かい粉にした薬や、煎(せん)じ薬を入れた薬箱。堆朱(ついしゅ)製の豪華なものから、簡単な引き出し箱にしたもの、あるいは重ね箱にした塗り箱などがある。いずれも漢方医が病人の家へ診察に行くとき従僕に持参させた。箱の中には数十種の薬を入れておくものとされていた。江戸時代末に印籠(いんろう)の一種に薬籠蓋(ぶた)というかぶせ蓋があるが、これは室町時代の薬籠のおもかげを示すものであろう。[遠藤 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の薬籠の言及

【印籠】より

…重ね容器とするのも,異種の薬品を一具の中に納めるための配慮であろう。印籠は本来印判や印肉を納める容器であり,薬籠というべきこの種の容器を印籠と呼び慣わすようになった経緯はつまびらかでない。中世における印籠は,1437年(永享9)に後花園院が室町殿に行幸した際の室内飾の記録である《室町殿行幸御餝(おかざり)記》をはじめ,《蔭涼軒日録》や《君台観左右帳記》などの記事によっても明らかなように,薬籠,食籠(じきろう),花瓶などとともに押板(おしいた)や違棚(ちがいだな)に置かれ,室内の御飾とされるのが通例であった。…

※「薬籠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

薬籠の関連情報