コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定朔 ていさく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

定朔
ていさく

太陰暦において,各月の初日である朔日を定めるのに,実際に月のすなわち太陽と月の黄経が重なる瞬間を含む日を朔日とする方法。これに対し,平均の朔望月による方法を平朔というが,日食が必ずしも朔日に起らないなどの不合理を生じる。定朔は,天体現象とは一致するが,大の月が3ヵ月も連続するなどの不便もある。日本では文武1 (697) 年の儀鳳暦以来,定朔を採用していた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

てい‐さく【定×朔】

太陰暦で、朔(新月)が月の1日目になるように大の月(30日ある月)と小の月(29日)とを組み合わせていく暦法。→平朔(へいさく)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ていさく【定朔】

朔(新月)が一日ついたちとなるようにひと月の長さを月の運行によって決める暦法。 ↔ 平朔

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の定朔の言及

【暦】より

…697年,文武天皇1年8月からは儀鳳暦が専用された。儀鳳暦は唐で施行された暦法で麟徳(りんとく)暦といわれるもので定朔を採用していた。元嘉暦は平朔を使用しており章法に基づく暦法であった。…

※「定朔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

定朔の関連キーワード太陰太陽暦何承天中国暦大衍暦元嘉暦劉焯

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android