定額寺(読み)じょうがくじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「定額寺」の解説

定額寺
じょうがくじ

奈良,平安時代の寺格一種。 500~1000束の灯分稲が国から支給され,これを出挙してその利息を灯油料とし年分度者をおいた。その起源は天武9 (680) 年,諸寺の食封点検を行なって寺の名を定めたことにあると思われる。その目的は私寺濫造正し,国家統制を加えることにあった。天平勝宝1 (749) 年定額寺の墾田は 100町と定められた。9世紀以後,定額寺の数は次第に増加し 10世紀末頃には 60ヵ寺にものぼった。親王,大臣らの本願寺で定額寺でないものはないほどであった。律令制崩壊とともに国家の恩典が得られなくなると,申請する者もなくなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「定額寺」の解説

定額寺【じょうがくじ】

奈良〜平安期に官大寺(かんだいじ),国分寺・国分尼寺の次に位置づけられた寺院。716年の(しょう)に私寺が争って題額(だいがく)を求めたとあり,749年諸寺の墾田を定めた中に定額寺の記事が見え,796年の太政官符(だいじょうかんぷ)には定額寺の資財・三綱の規定がある。みだりに私寺を建立し,利益を計ることを戒める目的をもっていた。10世紀末には定額寺の奏請(そうせい)は跡を絶った。
→関連項目官寺粉河寺

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「定額寺」の解説

じょうがく‐じ ヂャウガク‥【定額寺】

〘名〙 奈良・平安時代以降、官寺に準じて鎮護国家を祈らせた寺。官寺待遇を願い出る寺が多かったことと、私利を営む私寺の濫造を防ぐこととのために置かれたもので、官稲を賜わった。平安後期以降有名無実化した。
※続日本紀‐天平勝宝元年(749)七月乙巳「自余定額寺、寺別一百町」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「定額寺」の解説

定額寺
じょうがくじ

古代に行われた官寺制度による一定の格をもつ寺
私寺の乱造を抑えて統制するために,680年に設けたのが始まりという。定額寺になると,国家は私人の建立した寺に寺額を与え,官稲を支給した。その経済的保護を目あてに,平安時代激増したが,律令制の動揺とともにしだいに衰えた。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

デジタル大辞泉「定額寺」の解説

じょうがく‐じ〔ヂヤウガク‐〕【定額寺】

平安時代、朝廷が特に数を限り官寺に準じて制定した寺。私寺の乱造を防ぎ統制を強めるために制定したもので、官稲を受けた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「定額寺」の解説

じょうがくじ【定額寺】

奈良~平安時代に官大寺,僧寺と尼寺の国分二寺の次に位置づけられた寺院。字義については寺額の公許=公認寺院の,一定の数を限って設けられた意とするなどがある。716年(霊亀2)発布の寺院整理の詔に私寺が争って題額を求めたとある。749年(天平勝宝1)諸寺墾田数が定められ,定額寺100町とされたが,この時点で定額寺についての具体例は存在しない。しかし延暦年間(782‐806)以降定額寺は急増し,貴族僧侶,地方豪族の私寺が次々に奏請して定額寺に列せられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の定額寺の言及

【官寺】より

…741年(天平13)には国分寺,国分尼寺の設置があり,地方の国司,国師が監督した。一方貴族,豪族の私寺には一定の用途(修理・灯分料)を支給して国家統制下におく定額寺(じようがくじ)があったが,その数は明らかでない。これら大寺,国分寺,定額寺は主として三綱と上部機構として別当,長吏,検校といった内部機構により寺内を教導監理したが,さらに玄蕃(げんば)寮の下にある僧綱(そうごう)によって統括されていた。…

【寺院】より

…国分寺,同尼寺は9世紀に入ると律令体制のゆるみとともに衰えたが,官大寺系の諸大寺の多くは莫大な荘園を所有して,中世に至るまで荘園領主として寺運を維持した。以上の官寺系寺院に対し,奈良・平安時代,政府は私寺乱造の弊害を是正し国家の統制をはかるため,皇族や貴族が建立した寺院のうち,寺額を与えて定額寺(じようがくじ)と定め,修理料などを施入して経営保護に当たり,半官半私の寺院制を設けた。定額寺は全盛期には数十ヵ寺を数えたが,律令制の衰退とともに政府からの実益が停止し,平安後期には院政期の六勝寺に象徴される御願寺(ごがんじ)の制にその位置をゆずった。…

※「定額寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android