コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝慶寺石仏 ほうけいじせきぶつBao-qing-si

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宝慶寺石仏
ほうけいじせきぶつ
Bao-qing-si

中国,陝西省西安にある宝慶寺 (俗称花塔寺) の浮彫の石仏群。この石仏群はもと,唐代に建立の長安 (西安) の光宅寺七宝台の仏龕 (ぶつがん) にはめ込まれていたもの。長安3 (703) 年銘の弥勒三尊像をはじめ,すぐれた浮彫の仏像が多く,則天武后時代の唐代彫刻の特徴を知るうえで貴重な遺作。その大部分は 20世紀になって日本に将来され,一部がアメリカに渡っている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宝慶寺石仏
ほうけいじせきぶつ

中国、唐の都長安の北東、光宅坊(こうたくぼう)光宅寺(677創建)にあった七宝台(しっぽうだい)(高層の楼閣)の内壁を荘厳(しょうごん)していた浮彫り石仏。元来は1120石余あったが、現在29石が知られている。光宅寺廃滅ののち西安(せいあん)城内の宝慶寺(別名花塔寺)の塔に移され、清(しん)の重修の際に塔や仏殿の壁にはめ込まれた。この像の刻銘は清朝の金石書目中にも散見されるが、その大部分は20世紀の初めに流出し、そのうちの19石が日本の細川家の蔵に帰した。則天武后の長安3、4年(703、704)の紀年のあるもの8石と、玄宗の開元12年(724)とみられるもの4石があり、後者は追刻とされる。ほとんどのものが長安年間の制作で、則天武后の発願により清禅寺主徳感の指導の下につくられた。坐像(ざぞう)、倚像(いぞう)の本尊仏と脇侍菩薩(きょうじぼさつ)からなる三尊像(22石)と十一面観音像(7石)がある。表情は明るく、体躯(たいく)は均斉がとれており、華麗な天蓋(てんがい)、台座、装身具などに盛唐期の仏像の特色が認められる。[吉村 怜]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

宝慶寺石仏の関連キーワード吉村

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android