コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実業組合 じつぎょうくみあい

1件 の用語解説(実業組合の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じつぎょうくみあい【実業組合】

中小商工業者が組織する同業組合の総称。同業組合準則(1884,農商務省通達)にそって府県が認可したいわゆる準則組合重要輸出品同業組合法(1897),のちの重要物産同業組合法(1900)によって設立された同業組合などが,実業組合と呼ばれた。産業組合法(1900)による産業組合が農業中心の農村型組織であるのに対して,実業組合は商工業中心の都市型組織であり,両者の利害はしばしば対立する。また実業組合は中小企業中心の組織であり,大企業の利害を代表するわけではない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

実業組合の関連キーワード企業組合協同組合地域闘争漁業組合三業組合商工組合中小企業等協同組合同業組合二業組合淡路瓦

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone