室内競技(読み)しつないきょうぎ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

室内競技
しつないきょうぎ

室内競技場(屋内競技場)で行われるスポーツ競技の総称。インドア・スポーツindoor sportsともよばれる。代表的な競技として、かつてはバスケットボール、バレーボール、卓球、ボクシング、レスリング、体操、相撲(すもう)、フェンシング、ウエイトリフティング(重量挙げ)、柔道、バドミントンなど、広い面積を必要としない競技があげられていた。しかし最近では、科学技術、建築技術の進歩に伴い、巨大な室内競技場ができるようになって、従来アウトドアのスポーツであった陸上競技、テニス、水泳競技などが行われるようになり、さらにスケートやアイスホッケーなど冬季のスポーツ競技の開催も普通となっている。室内競技場は風雨に影響されず、温度に大きな変化もなく、一定のコンディションを保てるうえ、夜間でも競技ができるから、多くのスポーツ競技が屋内で行われるようになった。なお、インドア・スポーツとしてのルールをもつものにインドア・ベースボール(ソフトボールの前身)やインドア・ホッケーがある。

 室内競技場は古くはジムナジウム(体育館)とよばれ、すでに古代ギリシア時代に建設されていた。1925年ニューヨーク市にマディソン・スクエア・ガーデンが建設されて、現在の室内競技場の基となった。1965年にはヒューストンに屋根付き球場アストロドームが完成し、野球やアメリカンフットボールもできるようになって、とくに室内競技とされるジャンルはなくなる傾向にある。

[石井恒男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しつない‐きょうぎ ‥キャウギ【室内競技】

〘名〙 卓球、バスケット‐ボール、体操など、室内の競技場で行なわれる運動競技の総称。屋内競技。インドア‐スポーツ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android