コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

室川貝塚(読み)むろかわかいづか

世界大百科事典 第2版の解説

むろかわかいづか【室川貝塚】

沖縄本島中部の沖縄市字仲宗根室川原にある複合遺跡で,縄文前・後・晩期に対比され,地点を異にして弥生時代以降に比定できる先史遺跡も確認された。本遺跡は石灰岩台地の北東端崖下に広がる緩斜面中央の畑地に形成され,標高は約90m。層序は場所によって異なるが,おおむね7枚前後で,地層中位には赤褐色の焼土層が全面に広がり,その上に縄文晩期相当(室川上層式,宇佐浜(うざはま)式)の暗褐色土がのり,下方には後期相当(伊波式,荻堂式,大山式,室川式,カヤウチバンタ式など)の混貝土層が堆積し,最下部の地山は前期末の室川下層式土器を含む。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android