宮下正岑(読み)みやした まさみね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮下正岑 みやした-まさみね

1774-1838 江戸時代後期の歌人。
安永3年生まれ。信濃(しなの)(長野県)伊那郡(いなぐん)飯島の名主。同郷の歌人桃沢夢宅の門人で,「夢宅和歌集」,澄月(ちょうげつ)の「垂雲和歌集」を編集した。天保(てんぽう)9年2月16日死去。65歳。本姓は堀越。通称は八右衛門。号は自然亭,鬼拉。歌集に「峰の若葉」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android