コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮口しづえ ミヤグチシヅエ

デジタル大辞泉の解説

みやぐち‐しづえ【宮口しづえ】

[1907~1994]児童文学作家。長野の生まれ。木曽(きそ)馬籠(まごめ)の小学校教師を経て、同地島崎藤村全集編纂室に勤務。作品は童話集「ミノスケのスキー帽」のほか、「ゲンと不動明王」「箱火ばちのおじいさん」など。「宮口しづえ童話全集」で赤い鳥文学賞受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮口しづえ みやぐち-しづえ

1907-1994 昭和後期-平成時代の児童文学作家。
明治40年9月2日生まれ。昭和2年長野県木曾馬籠(まごめ)の小学校教師となり,戦後は同地の島崎藤村全集編纂室につとめる。33年「ゲンと不動明王」で山村の子供たちを愛情をこめてえがく。55年「宮口しづえ童話全集」で赤い鳥文学賞。平成6年7月5日死去。86歳。長野県出身。松本女子師範卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮口しづえ
みやぐちしずえ
(1907―1994)

児童文学者、長野県小諸(こもろ)に生まれる。松本女子師範学校卒業。教師として木曽(きそ)・馬籠(まごめ)に赴任、同地に永住。処女出版童話集『ミノスケのスキー帽』(1957)以来、山村の子供を描いた風土色豊かな作が多く、代表作は『ゲンと不動明王』(1958。小川未明文学賞受賞)を第一部とする長編三部作。『宮口しづえ童話全集』全八巻(1979。赤い鳥文学賞受賞)がある。[関 英雄]
『『宮口しづえ童話全集』全八巻(1979・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

宮口しづえの関連キーワード宮口 しづえ木曽谷

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android