宮本正尊(読み)みやもと しょうそん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮本正尊 みやもと-しょうそん

1893-1983 大正-昭和時代の仏教学者。
明治26年10月1日生まれ。オックスフォード大に留学し,昭和17年母校東京帝大の教授となる。のち駒沢大などの教授。26年日本印度学仏教学会を創立し,三十余年理事長をつとめた。昭和58年11月30日死去。90歳。新潟県出身。著作に「中道思想及びその発達」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮本正尊
みやもとしょうそん
(1893―1983)

仏教学者。明治26年10月1日新潟県に生まれる。大谷大学、東京帝国大学文学部印度(インド)哲学梵(ぼん)文学科卒業。1924~1928年(大正13~昭和3)オックスフォード大学に留学して哲学博士を受ける。帰国後ただちに東大文学部助教授、のち同教授、同名誉教授。退官後は早稲田(わせだ)大学教授、駒沢(こまざわ)・東洋大学教授を兼任した。1951年(昭和26)に日本印度学仏教学会を創立、理事長を30余年間務めて、会員数2000余の学会に育て上げ、1983年に名誉理事長。1966年に勲二等瑞宝(ずいほう)章を受ける。主著『中道思想およびその発達』(1944・法蔵館)をはじめ大著5冊ほか。生涯にわたり中道を説き、実践した。[三枝充悳]
『『宮本正尊博士仏教学論集 仏教学の根本問題』(1985・春秋社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android