コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮津博 みやつ ひろし

1件 の用語解説(宮津博の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮津博 みやつ-ひろし

1911-1998 昭和-平成時代の劇作家,演出家。
明治44年3月22日生まれ。昭和3年東京童話劇協会(のち劇団東童)の創立にくわわり,主宰。「ピーター・パン」「青い鳥」などの翻訳劇のほか,宮沢賢治の「風の又三郎」や坪田譲治の「お化けの世界」などを劇化,上演した。平成10年7月21日死去。87歳。兵庫県出身。本名は西島錦三。戯曲に「春のサーカス」「第一突堤」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の宮津博の言及

【児童劇】より

…大正期から昭和初期にかけての小山内(おさない)薫,久保田万太郎らの劇作活動,また坪内逍遥による児童演劇論の展開は,児童劇に大きな活性を与えた。1928年,宮津博(1911‐ )らによって創立された〈劇団東童〉は,児童の役は児童によって演じられるべきだとして,児童演劇のリアリズム追求を試み,昭和前期の代表的劇団として多くの名作を残した。このほかにも東童式の子ども俳優の児童劇団がいくつもあらわれたが,戦後まもなく消え去り,現在では,ほとんどの児童劇が大人の俳優によって公演されている。…

※「宮津博」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宮津博の関連キーワード秋元松代北村想斎藤憐坂手洋二謝名元慶福堤春恵永井愛野口達二原千代海真山美保

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone