コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮簀媛 ミヤズヒメ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮簀媛 みやずひめ

記・紀にみえる日本武尊(やまとたけるのみこと)の妃。
尾張(おわり)氏の娘。日本武尊が東征の帰途,尾張(愛知県)で妃とした。媛のもとに日本武尊は草薙剣(くさなぎのつるぎ)をおき,のち近江(おうみ)(滋賀県)伊吹の山神を討ちにいって病死。媛は神剣を熱田の地にまつり,これが熱田神宮の起源という。「古事記」では美夜受比売。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

宮簀媛

『古事記』『日本書紀』によれば,日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の妃。尾張(愛知県)の国造の祖。ヤマトタケルが,東征の往路で婚約し,復路にその約に従って結婚するために媛の家に入ったところ,媛は月経をむかえてしまう。尊が「さ寝むと吾は思へど汝が著せるの襴に月立ちにけり(あなたと契ろうと思っていたのに,あなたの衣のすそに月が出てしまった)」と歌うと,媛は「君待ち難に我が服せる襲の襴に月立たなむよ(あなたを待ちきれずに月が登ったのですわ)」と即妙に歌い返した。これらは女性の生理を詠んだ希少な歌謡群でもある。この後婚姻は成立し,尊は伊勢の斎宮より拝領した草那芸剣を媛のもとに置いて伊吹山に出かけるが,そのまま帰らぬ人となった(『古事記』)。熱田神宮(名古屋市熱田区)は,この剣を宮簀媛が奉斎したことがその起こりとなったという。

(寺田恵子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みやずひめ【宮簀媛】

記紀の日本武(やまとたける)尊物語にその妃として語られた女性。記では美夜受比売と記す。《古事記》によれば,ヤマトタケルの東征の最初,尾張の国で国造(くにのみやつこ)の祖ミヤズヒメと婚姻を約束した。その後東方を平定したヤマトタケルが約にしたがい姫の家に入ったところ,その夜は月経(つきのさわり)のため合うことをえなかったという。尾張は東国経営の要衝でここに熱田(あつた)神宮がおかれたのは東方へのおさえの神としてであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

みやずひめ【宮簀媛】

尾張の国造くにのみやつこの祖先。日本武尊やまとたけるのみことの妃。尊は東征の帰途、草薙くさなぎの剣つるぎを媛に預け、媛は神剣をまつって熱田神宮の起源をなしたという。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

宮簀媛の関連キーワード名古屋(市)断夫山古墳た空手八劔社鳴海

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android