コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮簀媛 ミヤズヒメ

5件 の用語解説(宮簀媛の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みやず‐ひめ【宮簀媛】

日本武尊(やまとたけるのみこと)の妃。尾張の豪族の娘。日本武尊は東征の帰途、媛を娶(めと)って草薙剣(くさなぎのつるぎ)を預けた。尊の死後、媛はこの剣をまつって社を建て、熱田神宮の起源をなしたという。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮簀媛 みやずひめ

記・紀にみえる日本武尊(やまとたけるのみこと)の妃。
尾張(おわり)氏の娘。日本武尊が東征の帰途,尾張(愛知県)で妃とした。媛のもとに日本武尊は草薙剣(くさなぎのつるぎ)をおき,のち近江(おうみ)(滋賀県)伊吹の山神を討ちにいって病死。媛は神剣を熱田の地にまつり,これが熱田神宮の起源という。「古事記」では美夜受比売

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

宮簀媛

『古事記』『日本書紀』によれば,日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の妃。尾張(愛知県)の国造の祖。ヤマトタケルが,東征の往路で婚約し,復路にその約に従って結婚するために媛の家に入ったところ,媛は月経をむかえてしまう。尊が「さ寝むと吾は思へど汝が著せる襲の襴に月立ちにけり(あなたと契ろうと思っていたのに,あなたの衣のすそに月が出てしまった)」と歌うと,媛は「君待ち難に我が服せる襲の襴に月立たなむよ(あなたを待ちきれずに月が登ったのですわ)」と即妙に歌い返した。これらは女性の生理を詠んだ希少な歌謡群でもある。この後婚姻は成立し,尊は伊勢の斎宮より拝領した草那芸剣を媛のもとに置いて伊吹山に出かけるが,そのまま帰らぬ人となった(『古事記』)。熱田神宮(名古屋市熱田区)は,この剣を宮簀媛が奉斎したことがその起こりとなったという。

(寺田恵子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みやずひめ【宮簀媛】

記紀の日本武(やまとたける)尊物語にその妃として語られた女性。記では美夜受比売と記す。《古事記》によれば,ヤマトタケルの東征の最初,尾張の国で国造(くにのみやつこ)の祖ミヤズヒメと婚姻を約束した。その後東方を平定したヤマトタケルが約にしたがい姫の家に入ったところ,その夜は月経(つきのさわり)のため合うことをえなかったという。尾張は東国経営の要衝でここに熱田(あつた)神宮がおかれたのは東方へのおさえの神としてであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みやずひめ【宮簀媛】

尾張の国造くにのみやつこの祖先。日本武尊やまとたけるのみことの妃。尊は東征の帰途、草薙くさなぎの剣つるぎを媛に預け、媛は神剣をまつって熱田神宮の起源をなしたという。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮簀媛の関連キーワード記紀三部本書神武東征伝説大碓皇子吉備武彦七掬脛広媛(1)両道入姫命穂積忍山倭媛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宮簀媛の関連情報