コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮西諸助 みやにし もろすけ

1件 の用語解説(宮西諸助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮西諸助 みやにし-もろすけ

1822-1880 江戸後期-明治時代の神職。
文政5年生まれ。江戸日枝神社の禰宜(ねぎ)宮西家の養子。医学を権田(ごんだ)直助,国学を平田銕胤(かねたね),和歌を相川景見(かげみ)にまなんだ。維新後は大鳥神社,静岡県三島神社などの神職。明治13年7月30日死去。59歳。本姓は本間。初名は仲友。通称は中務,大助。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宮西諸助の関連キーワード紙幣整理ブラウンオランダ文学柏木如亭斎藤方策レジナイトシンプレクタイト組織真珠岩粗粒玄武岩三雲遺跡

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone